キャッシングとは

金融会社が個人向けに行っているサービスで、現金自動支払機による小口金融の事です。

銀行で受ける一般的な融資と異なり、基本的に無担保で、利用者本人の確認と信用情報に応じて、スピーディな貸付を行なう融資をキャッシングと呼びます。

不動産ローンなどの目的によるプランによっては担保や保証人が必要になってくるケースもありますが、一般的なキャッシング、フリーローンでは保証人無しの無担保ですから、様々な目的で利用できるのでとても便利です。

使用目的が自由で、申込時に利用限度額が決まり、キャッシュディスペンサー(現金自動支払機)や、コンビニエンスなどのATMからキャッシングカードで借入や返済をすることができます。

利息は利用日数により計算され、借りてから返済までの利用期間が短ければ、利息も少なくてすむという仕組みになっています。

キャッシングを利用する場合は、それぞれの業者の発行するカードを作り、以後そのカードで自由に現金が引き出せるようになります。

カード自体も様々で、独立したキャッシング専用のカードもあれば、銀行のキャッシュカードと一体のものや、ショッピングなどに利用できるクレジットカードと一体のものなど、様々な形があります。

これまではキャッシングの申込みをするには店舗窓口や電話のみでの対応でしたが、最近はインターネットでの申し込みが一般的になりつつあります。

必要な項目を入力していくだけで簡単にキャッシングカードの発行ができ、ほとんどの会社が午前中の申し込みであれば入金も当日に行ってくれます。

ネットキャッシングは、わざわざ足を運ばなくても利用ができるうえ、誰にも見られることもなく、時間にもとらわれず、自宅などのパソコンから登録ができますので、自分のペースで申し込みが可能です。

休日・祝日に銀行からお金を引き落とすと手数料がかかる事に対して手軽に行えるキャッシングを“便利さ”から利用する人も増えています。

店舗窓口や、無人契約機などでは服装や話し方などをモニターごしにチェックされたりしますが、ネットでの申し込みは、そのようなチェックはありません。また、男女ともに20歳以上で定期的な収入があれば、大体のキャッシングカードの申し込みができます。

定期的な収入とは、毎月一定の収入を得ているということで、パートやアルバイト、派遣社員でも、利用対象となります。収入の額や年齢、過去のご利用履歴などで、借入できる金額や年率も違ってきます。

今日、キャッシングが注目されるようになり、現在ではキャッシングの利用者数は日本の労働者人口を上回っています。中には、利用者が複数のカードを利用しているケースも多く、利用者には若年層を中心に多く、キャッシングを有効に利用しているようです。

クレジットカードやキャッシュカードでのキャッシングに対応したキャッシュディスペンサーや提携銀行、ATMなどが徐々に増えてきています。

金利に関しても、低金利な物から一定期間無金利の物まで、多種多様なサービスが選べるようになりました。通常、問題なく返済をしていれば、限度額内で何度でも借入することができるので、正しいキャッシングの知識を身につけ、計画的に利用しましょう。

Yahoo!News